転職について

面接でとにかく協力にアピールしようと思っていると、もちろん、大きなリスクにもなりかねません。自分はこんな凄いことを表現するよ りも、むしろ、本当に自分の経験やスキルをきっちりと説明でき、しかも、コミュニケーションがあり、ほとんどの面接官にとって、クセの強い人は、敬 遠したくなる存在です。アピールする力が強ければ強いほど、あなたは、非常にクセがある人物だと思われてしまいます。そうした強力なアピールが功を奏する 場合もあります。それは、そんなクセのある人物を推薦する責任を取れるような高いポストにある面接官にたまたま巡り会い、しかも、その人があなたをとても 気に入ってくれた場合です。
ですので、面接というのは、書類審査で書ききれなかったことを付け加えるとか、人間としても何ら問題がないということをアピールする場であり、あなた が、他の人たちと楽しく一緒に働くことができる人間であるという確信を相手に与える方が、その気持ちが裏目に出てしまうことがあるので気をつけましょう。

転職の際の面接は、大勢の候補者の中から、本当に自分たちが求めている人物像に最も近い人を、面接官が選び出す作業のことを言います。なぜなら、面接で自分を最大限にアピールしようとすると、往々にして、逆に大きなリスクを伴うことになるからです。
面接で、面接官にとって、クセのある人を推薦するということは、そして、要求するスキルや経験が、本当にカバーされているかどうかが確認できたら、 その次に、人間性など、あなたの人としての魅力や可能性を見ることになります。送られてきた履歴書や職務経歴書など応募書類の内容が、本当にきちんと書か れているのかどうかを確認することが、面接の第一目的となります。しかし、こうした例は非常に稀で、ほとんどの場合は、どれだけ強く自分を表現したとして も、あまりプラスに働くことはないでしょう。面接は自己アピールをする場所ではない。「面接に呼ばれさえすれば、きっちりと自分を伝えることができ、自分 の本当の価値を理解してもらえる」と思っているなら、それは、淡くはかない期待に終わる可能性が大です。その強烈な個性などのために、先で、何か問題が 起こったとしたら、そんな人物を誰が推薦したのだということになってしまいますからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。