Archive for the ‘面接’ Category

転職の現状について

1月 24, 2007

履歴書

日本では戦後、終身雇用が一般的であったため、転職は近年増加傾向にはあるものの、割合としては比較的少ない。

総務省の労働力調査力では、2001年8月は、全就業者に占める転職経験者の割合は5.1%、15-24歳では12%程度を占めている。女性の転職率は横ばいもしくは減少傾向にあるが、男性は高年齢層を除いて増加傾向にある。

履歴書

総務省「労働力調査年報」より

2004年の転職を希望している就業者の割合は全産業平均で9.7%。年齢別では25~34歳が14.8%と高く、35~45歳が9.6%、 45~54歳が8.1%となっており、若年層ほど転職希望がいくらか高い。しかし、転職をキャリアアップのチャンスととらえるアメリカに比べれば日本の労 働移動率はいぜんとして低く、雇用が流動化してきていると言われているものの、長期雇用の伝統が残るヨーロッパ諸国のそれに近い。

転職希望率及び実際の転職率については、職種毎 に大きな差異がある。例えば、システムの企画・開発や運用・保守に携わるITプロフェッショナルに限れば、転職希望者は2人に1人という非常に高い水準に ある。その理由の第一は「給与に対する不満」(48%弱)だ。また、3人に1人が「より将来性のある組織で働きたい」と答えている

履歴書

自営業では、求人情報を公にしていない企業も多く、知人の紹介・勧誘による転職が比較的多い。

高度に専門的なスキルを持っている人材に対しては、引き抜きが行われることがある。引き抜き対象の調査や調整負担が大きいため、専門の企業が仲介することも多い。 転職情報サイトが提供するスカウトサービスとは基本的に別物である。

人材紹介サービスでは、転職希望者にヒアリングを行い、自社が保有する求人情報のうち適当なものを提案する。求人情報には、非公開のものも含まれることがある。「インテリジェンス」「リクルートエージェント」「転職×天職」「パソナキャレント」「アイアム」などが有名。

履歴書

国で働く公務員は、退職前5年間に勤務していた内容に関係する民間企業に、退職後2年間は就職できない。民間企業でも就業規則などで、退職後一定期間(6ヶ月~1 年が一般的)、競業会社へ就職することを禁止していることが多い。これら競業避止義務は、機密保持の観点から必要とされるが、経験を生かした転職を難しく している側面もある。競業避止は職業選択の自由を制限するものなので、要件・範囲が明確にされている必要があり、不適切な規定は取消される。ただし、新製 品情報などの機密情報は、競業避止規定の有無に関わらず守る義務がある。

履歴書

なお、最近では、キャリアをあえて経つ人も増えてきている。

前職での経験が生かされていると答えた者の割合は5割強、活用されていないとする者は25%程度になっており、知識・経験が必ずしも蓄積・活用されている と言えない。ただし、専門・技術職や管理職では、7~8割程度が何かしら経験が生かされていると答えている。機密保持との兼ね合いで経験を生かせる職につ けないこともあるが、25歳程度までの若年層を対象とする第二新卒採用(採用者は新卒扱い)に示されるように、企業側が中途半端な知識・経験を求めていないという点も指摘される。

履歴書

キャリアを積むために転職する。そんな考えや生き方が当たり前な時代になりました。

転職がまれだった時代には、 「石橋をたたいて渡る」という言葉のごとく、事前に転職に対しての下調べを十分過ぎるほど行う必要がありました。本で調べ、四季報で調べ、それはそれは大変な作業でございました。
転職をした場合の金銭的な問題、職場環境 の問題など、念には念を入れて確認をする、そうしたスタンスが当然だったようです。ところが転職や、エージェント、転職会社が一般的となった最近では、転職に関するデメリットをあまり意識せず、いきなり行動に移す方が多くなりました。しかし、それがために思ってもいなかったリスクに見舞われることもあるのです。

今回は、転職をする際にどのようなリスクやデメリットが考えられるのか、いくつかの転職例を挙げながら解説していきましょう。

2005年の8月中旬に家族旅行の帰りの途中で連絡がありました。私は、電話の向こうからの動揺を感じることができました。私は、彼に向かい、どうしたのか尋ねると「なぜか賞与が 異常に少ないんです。確か去年の冬はこの金額の倍はもらったはずなのですが、何かの手違いではないかと思うんです」というのです。そう、退職時に陥りやすいワナにが陥った瞬間でした。

のように賞与をもらった直後に会社を辞めるのは、転職の慣例のようになってい ます。ただ、あまり知られていませんが、賞与の概念は(1)いままでの労働に対する報酬、(2)これからの労働に対する奨励という意味合いがあり、そのた めに退職が決まっている人に支払われる賞与は通常より少なくなるケースが多々あります。

これは後から分かったことですが、は自動車が趣味で、退職前に新しい自動車を購入したそうです。高額だったので、ボーナス払いを組み込んだローンで購入。毎月の給与で少しずつ返済し、ボーナスである程度まとまった金額を支払うローンを組んだのです。

転職する際、十分な給与であれば、生活に困ることはありません。しかし、今回の予想以上に少ないではボーナス払いが非常に厳しくなったのです。それが、直接転職を考えるようになったきっかけでもあるのです。
冬の賞与はこれぐらいだったから退職時の賞与も……、という皮算用をしてしまい、それを前提に自動車を買ってしまったのです。これは、参りました。転職の前に首になってしまうのでしょうか!?

これから転職を考えている皆様にも注意してほしい点は、賞与支給は(1)支給日に在籍している社員に支給する、(2)賞与は査定対象期間の在籍者に支給するという2つのパターンがあるということです。

賞与の査定期間はきっちり働いているのだから、その後会社にいなくても賞与をもらう権利があるはずだ、と考えてしまいがちですが、もしあなたのいる会社の 就業規則に、賞与は在籍している社員にしか払われないと書かれていた場合、数百万円がもらえないということになります。よほど裕福な 方でない限り痛い話です。

PR

履歴書

履歴書の作成なら→履歴書ダウンロードならMr.Jobs
職務経歴書の作成なら→職務経歴書ダウンロードならMr.Jobs

営業に転職した男の日記
履歴書サポート
転職情報

履歴書作成

転職について

1月 23, 2007

面接でとにかく協力にアピールしようと思っていると、もちろん、大きなリスクにもなりかねません。自分はこんな凄いことを表現するよ りも、むしろ、本当に自分の経験やスキルをきっちりと説明でき、しかも、コミュニケーションがあり、ほとんどの面接官にとって、クセの強い人は、敬 遠したくなる存在です。アピールする力が強ければ強いほど、あなたは、非常にクセがある人物だと思われてしまいます。そうした強力なアピールが功を奏する 場合もあります。それは、そんなクセのある人物を推薦する責任を取れるような高いポストにある面接官にたまたま巡り会い、しかも、その人があなたをとても 気に入ってくれた場合です。
ですので、面接というのは、書類審査で書ききれなかったことを付け加えるとか、人間としても何ら問題がないということをアピールする場であり、あなた が、他の人たちと楽しく一緒に働くことができる人間であるという確信を相手に与える方が、その気持ちが裏目に出てしまうことがあるので気をつけましょう。

転職の際の面接は、大勢の候補者の中から、本当に自分たちが求めている人物像に最も近い人を、面接官が選び出す作業のことを言います。なぜなら、面接で自分を最大限にアピールしようとすると、往々にして、逆に大きなリスクを伴うことになるからです。
面接で、面接官にとって、クセのある人を推薦するということは、そして、要求するスキルや経験が、本当にカバーされているかどうかが確認できたら、 その次に、人間性など、あなたの人としての魅力や可能性を見ることになります。送られてきた履歴書や職務経歴書など応募書類の内容が、本当にきちんと書か れているのかどうかを確認することが、面接の第一目的となります。しかし、こうした例は非常に稀で、ほとんどの場合は、どれだけ強く自分を表現したとして も、あまりプラスに働くことはないでしょう。面接は自己アピールをする場所ではない。「面接に呼ばれさえすれば、きっちりと自分を伝えることができ、自分 の本当の価値を理解してもらえる」と思っているなら、それは、淡くはかない期待に終わる可能性が大です。その強烈な個性などのために、先で、何か問題が 起こったとしたら、そんな人物を誰が推薦したのだということになってしまいますからです。